痛風は予防次第で発症を抑えられる|プリン体の量に気をつけよう

老夫婦

尿酸がたまる病気

男の人

どんな病気なのか知ろう

尿酸が体内に溜まってしまうと結晶になってしまいます。そして激しい痛みが襲ってくるのですが、これが痛風なのです。痛風はある程度起きる前触れを知る事ができます。痛風になる前には血液の尿酸値がかなり高い状態が続くのです。これは高尿酸血症と言い、何も処置しないでそのまま放置してしまうと足の指の付け根などの関節部分が赤く腫れてきます。これはかなりの痛みを伴うものなので激痛なのです。また発作的な症状となっていて痛風発作とも言われています。一週間くらいから10日くらい続くもので放置しておいても治まっていくのです。一度発作がなくなっても1年ほどするとまた発作が起きる場合があるので、油断は禁物な病気と言えるでしょう。

クエン酸がいい

かなりの痛みを伴う痛風ですが、予防をする事もできます。予防をするときにはクエン酸という成分を補うといいでしょう。クエン酸は尿をアルカリ化する事ができ尿酸の排出を妨げる乳酸を減らす事ができる役割があります。クエン酸ナトリウムとクエン酸カリウム両方共効果を期待することができるのです。ちなみにクエン酸はサプリメントとしても販売されており、比較的安価な価格で手に入れる事が可能となっています。気軽に予防をすることができるのでかなりの人気商品です。サプリメント以外にも食品だと柑橘系の果物や梅干しなどにも含まれています。キトサンや葉酸などもいいので合わせて摂取してみるといいでしょう。効率よく摂取して予防したい人にサプリメントはおすすめです。